String Quartet No. 19

無料楽譜

再生

Be the first to add a recording or video.

Free sheet music on other sites

について

弦楽四重奏曲第19番ハ長調K.465『不協和音』は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトによって、1785年に作曲された。ハイドン・セット全6曲中最終曲。第一楽章の冒頭22小節に、きわめて大胆な和声効果をもつ序奏がおかれていることから『不協和音』の愛称で知られるが、序奏以外はモーツァルトらしい明快な曲で、室内楽の中でも屈指の名作の一つ。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。 それはWikipediaの記事『弦楽四重奏曲第19番 (モーツァルト)』から材料を使用しています。

Other titles

Dissonance