Etudes for Piano

無料楽譜

再生

Be the first to add a recording or video.

Free sheet music on other sites

Buy printed editions

We have selected some printed editions we think may be useful.

について

ピアノのための12の練習曲(ピアノのためのじゅうにのれんしゅうきょく、フランス語: Douze Études pour piano)または単に12の練習曲(じゅうにのれんしゅうきょく、フランス語: Douze Études pour piano)は、クロード・ドビュッシーの最晩年のピアノ曲。1915年の8月から9月に作曲され、「ショパンの追憶に À la mémoire de Chopin 」献呈された。1916年12月14日に、パリでワルター・ルンメル(英語版)によって初演された。出版譜は第1部と第2部に分けられ、それぞれ6曲ずつで構成されている。作曲家のジャン・バラケは、第1部は「指の柔軟性とメカニズム」に、第2部は「響きとリズムの探究」に振り当てられていると註釈した。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。 それはWikipediaの記事『練習曲 (ドビュッシー)』から材料を使用しています。