フィンガルの洞窟 (Hebrides Overture

Composer's arrangement

サムネイル

再生

レヴュー

フィンガルの洞窟 (Hebrides OvertureComposer's arrangement Rating: 5.00 out of 5 based on 1 reviews.
Click to rate

フィンガルの洞窟 について

『フィンガルの洞窟』(フィンガルのどうくつ)作品26は、フェリックス・メンデルスゾーンが1830年に作曲した演奏会用序曲である。原題は『ヘブリディーズ諸島』(ドイツ語: Die Hebriden )であるが、日本語では通称の『フィンガルの洞窟』の方が多く用いられる。ロ短調の序奏なしのソナタ形式で作曲されている。現在に至るまで、オーケストラの標準的なレパートリーとして盛んに演奏されている。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。 それはWikipediaの記事『フィンガルの洞窟 (メンデルスゾーン)』から材料を使用しています。

Other arrangements

Free sheet music on other sites

More music by フェリックス・メンデルスゾーン

Other users also liked