Etude No. 12

Original version

サムネイル

再生

レヴュー

Etude No. 12 Original version Rating: out of 5 based on 0 reviews.
Click to rate

まだレビューはありません

について

Starts half way down first page.

Etude No. 12 について

Étude Op. 25, No. 12 in C minor is the last of Frédéric Chopin's formal studies for the piano, opus 25, dedicated À Madame la Comtesse d'Agoult. It was first published in 1837 in French, German, and English. In the first French edition, the time signature is 4/4, but most recent editions of this piece follow the manuscript and German editions, which indicate cut time. This work is a series of rising and falling arpeggios in various chord progressions from C minor. In addition, its opening bars recall the chord structure of the opening bars of the second prelude of the first book of The Well-Tempered Clavier by Johann Sebastian Bach.
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。 それはWikipediaの記事『Étude Op. 25, No. 12 (Chopin)』から材料を使用しています。

More music by フレデリック・ショパン

Other users also liked

  • サムネイル
    • Etude No. 11
      Original version
    • フレデリック・ショパン
    • ピアノ
  • サムネイル
    • Etude No. 10
      Original version
    • フレデリック・ショパン
    • ピアノ
  • サムネイルHQ
    • Etude No. 1
      Original version
    • フレデリック・ショパン
    • ピアノ
  • サムネイル
    • Etude No. 9
      Original version
    • フレデリック・ショパン
    • ピアノ
  • サムネイル
    • Etude No. 7
      Original version
    • フレデリック・ショパン
    • ピアノ