Etude No. 11

Original version

サムネイル

再生

レヴュー

Etude No. 11 Original version Rating: 5.00 out of 5 based on 7 reviews.
Click to rate

について

Known as the "Winter Wind" Etude.

Etude No. 11 について

練習曲作品25第11番(通し番号:練習曲第23番、別名:木枯らし《こがらし》)は1836年にフレデリック・ショパンによって作曲されたピアノ独奏曲。1837年に初めて「練習曲集作品25」のうちの一曲としてフランス、ドイツ、イギリスで発刊された。フランス版では拍子記号において(4/4拍子)で表されているが、原稿とドイツ版では共に(2/2拍子)で表されている。なおメロディーを特徴付ける最初の4小節は、発表前に友人であるチャールズ・A.ホフマンの助言で付け加えられた。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。 それはWikipediaの記事『練習曲作品25-11 (ショパン)』から材料を使用しています。

More music by フレデリック・ショパン

Other users also liked