ヴァイオリン協奏曲 (Violin Concerto

Full score

サムネイル

再生

Be the first to add a recording or video.

レヴュー

ヴァイオリン協奏曲 (Violin ConcertoFull score Rating: 5.00 out of 5 based on 2 reviews.
Click to rate

ヴァイオリン協奏曲 について

チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品35は、1878年に作曲されたヴァイオリンと管弦楽のための協奏曲。ベートーヴェン、メンデルスゾーン、ブラームスのいわゆる3大ヴァイオリン協奏曲に本作を加えて4大ヴァイオリン協奏曲と称されることもある。ちなみに、ヴァイオリン協奏曲をニ調(ニ長調、ニ短調)で作曲した作曲家には、チャイコフスキーのほかに著名なところとしてベートーヴェン、ブラームス、エドゥアール・ラロ、シベリウス、ストラヴィンスキー、コルンゴルト、ハチャトゥリアンなどがいるが、彼らが一様にニ調(ニ長調、ニ短調)で書いた理由のひとつには、ヴァイオリンという楽器の特性としてニ調(ニ長調、ニ短調)が一番よく鳴る構造を持っていることも考慮されたと見られる。チャイコフスキーのヴァイオリン独奏を伴う管弦楽作品としては他に『憂鬱なセレナード』変ロ短調 作品26などがある。同年に発表されたブラームスのヴァイオリン協奏曲と並び、重音奏法の要求等超絶技巧をヴァイオリニストに要求する難曲である。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。 それはWikipediaの記事『ヴァイオリン協奏曲 (チャイコフスキー)』から材料を使用しています。

Other arrangements

Free sheet music on other sites

Buy printed editions

We have selected some printed editions we think may be useful.

More music by ピョートル・チャイコフスキー

Other users also liked