ウィリアム・テル (Guillaume Tell

Overture arr. Liszt

サムネイル

再生

レヴュー

ウィリアム・テル (Guillaume TellOverture arr. Liszt Rating: 5.00 out of 5 based on 4 reviews.
Click to rate

について

ウィリアム・テル序曲(英: William Tell Overture)は、1829年にジョアキーノ・ロッシーニが作曲した、オペラ『ウィリアム・テル』のための序曲。日本でも広く知られるクラシック楽曲の1つ。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。 それはWikipediaの記事『ウィリアム・テル序曲』から材料を使用しています。

ウィリアム・テル について

『ウィリアム・テル』(仏:Guillaume Tell )は、ジョアキーノ・ロッシーニ作曲による4幕構成のグラントペラ。フリードリヒ・フォン・シラーによる戯曲『ヴィルヘルム・テル』に基づく。台本はヴィクトワール=ジョゼフ=エティアンヌ・ド・ジュイとイポリット=ルイ=フローラン・ビスによりフランス語で書かれているため、本来の読み方は『ギヨーム・テル』であるが、日本では『ウィリアム・テル』と表記することが多い。初演は1829年8月3日、王立音楽アカデミー劇場で行われた。ウィリアム・テルの伝承を元にこのオペラを作曲したのを最後に、ロッシーニは30年以上にわたる引退生活に入った。序曲は特にフィナーレが有名で、コンサートやレコーディングの際の演奏曲目としてよく取り上げられている。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。 それはWikipediaの記事『ウィリアム・テル (オペラ)』から材料を使用しています。

Free sheet music on other sites

More music by ジョアキーノ・ロッシーニ

Other users also liked