エルサレム (Jerusalem

声楽

サムネイル

再生

レヴュー

エルサレム (Jerusalem) 声楽 Rating: 4.60 out of 5 based on 5 reviews.
Click to rate

エルサレム について

「エルサレム」(英語: Jerusalem)は、18世紀イギリスの詩人ウィリアム・ブレイクの預言詩『ミルトン』(Milton)の序詩に、同国の作曲家サー・チャールズ・ヒューバート・パリーが1916年に曲をつけたオルガン伴奏による合唱曲。後にエドワード・エルガーによって編曲され管弦楽伴奏版も作られた。毎年夏に開催される「プロムス」の最終夜において国歌『女王陛下万歳』や『第二の国歌』とも呼ばれるエルガーの『希望と栄光の国』と共に必ず演奏されるなど、イギリス国内では特別な扱いを受けている作品である。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。 それはWikipediaの記事『エルサレム (聖歌)』から材料を使用しています。

Other arrangements

Free sheet music on other sites

Buy printed editions

We have selected some printed editions we think may be useful.

More music by チャールズ ヒューバート・パリー

Other users also liked