タンザニアの国歌 (Mungu ibariki Afrika

National Anthem of Tanzania

サムネイル

再生

レヴュー

タンザニアの国歌 (Mungu ibariki AfrikaNational Anthem of Tanzania Rating: 4.00 out of 5 based on 1 reviews.
Click to rate

について

Typeset by Johan Schoone, from home.planet.nl/~jschoone/index_en.html

タンザニアの国歌 について

神よ、アフリカに祝福を(かみよアフリカにしゅくふくを、コサ語: Nkosi sikelel' iAfrika コシシケレリ・アフリカ)は、アフリカ各国(特にサハラ以南)で歌われている賛美歌。現在の南アフリカ出身のエノック・マンカイ・ソントンガによって、1897年に作詞・作曲された。この曲はパン・アフリカ主義に基づく解放運動を象徴する歌(アンセム)となり、のちに独立を達成した国家のうち数か国で国歌として採用された。2015年現在、タンザニアと南アフリカ共和国が国歌として使用しており、またザンビアの国歌はこの曲の旋律に異なる詞を乗せて別タイトルを付している。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。 それはWikipediaの記事『神よ、アフリカに祝福を』から材料を使用しています。

Other arrangements

Other users also liked