Symphony No. 7 in D minor

Piano reduction

サムネイル

再生

Be the first to add a recording or video.

レヴュー

Symphony No. 7 in D minor Piano reduction Rating: 5.00 out of 5 based on 1 reviews.
Click to rate

Symphony No. 7 in D minor について

交響曲第7番ニ短調(こうきょうきょくだい7ばん ニたんちょう)作品70、B.141は、ドヴォルザークの交響曲。1884年から1885年にかけて作曲された。それまで発表されてきた交響曲とはやや趣が異なり、スラブ的な雰囲気を残しつつも内省的で普遍的な音楽として仕立てることに成功しており、作曲者自身この曲を「本格的なもの」と呼んでいる。第9番「新世界より」ほどではないが、第8番と共にドヴォルザークの交響曲では良く取り上げられる楽曲である。主調が平行調である点や、第1楽章、第4楽章の拍子、第2楽章の楽器法などから、ブラームスの交響曲第3番からの影響を指摘する見解もある。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。 それはWikipediaの記事『交響曲第7番 (ドヴォルザーク)』から材料を使用しています。

Free sheet music on other sites

Buy printed editions

We have selected some printed editions we think may be useful.

More music by アントニン・ドヴォルザーク

Other users also liked