Iberia

Book 1 No. 3 Fête-dieu à Seville

サムネイル

再生

Be the first to add a recording or video.

レヴュー

Iberia Book 1 No. 3 Fête-dieu à Seville Rating: 5.00 out of 5 based on 2 reviews.
Click to rate

Iberia について

《イベリア、12の新しい印象(フランス語: <Iberia> 12 nouvelles « Impressions » en quatre cahiers)》は、イサーク・アルベニス最晩年のピアノ曲。1905年から1908年にかけて全12曲が作曲され、3曲1組で4巻に分けて出版された。アルベニスが病身をおして作曲に取り組んだ《イベリア》は、本質的には南スペインのアンダルシアの民俗音楽を喚起するものである。本作はアルベニスの最高傑作に数えられ、クロード・ドビュッシーやオリヴィエ・メシアンからも称賛の的とされた。またモーリス・ラヴェルは一時期この曲集を管弦楽用に編曲することを考えていたが、エンリケ・フェルナンデス・アルボスがその権利を獲得したため断念したとの逸話も伝えられている。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。 それはWikipediaの記事『イベリア (アルベニス)』から材料を使用しています。

Other sub titles

Corpus Christi, El Corpus en Sevilla

Other arrangements

Free sheet music on other sites

Buy printed editions

We have selected some printed editions we think may be useful.

More music by イサーク・アルベニス