クラリネット五重奏曲 (Clarinet Quintet

Violin 1 part

サムネイル

再生

レヴュー

クラリネット五重奏曲 (Clarinet QuintetViolin 1 part Rating: 4.00 out of 5 based on 2 reviews.
Click to rate

について

Editor: Maurizio Tomasi
Publisher: Mutopia Project, 2003
Based upon: Breitkopf und Härtel, 1883

クラリネット五重奏曲 について

クラリネット五重奏曲 イ長調 K.581は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが 1789年9月29日に作曲したクラリネットと弦楽四重奏のための室内楽曲。友人アントン・シュタードラーのために作曲され、「シュタードラー五重奏」と呼ばれることもある。同年12月22日にブルク劇場でシュタードラーのクラリネットにより初演された。クラリネット協奏曲K.622と同様に、本来はシュタードラーが用いていた"Bass-klarinet"(現在のバセットクラリネット)のために作曲されたものである。現在一般に用いられる版は1802年に通常のクラリネット用に編曲されたもので、自筆譜は協奏曲同様に現在紛失している。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。 それはWikipediaの記事『クラリネット五重奏曲 (モーツァルト)』から材料を使用しています。

Other arrangements

Free sheet music on other sites

Buy printed editions

We have selected some printed editions we think may be useful.

More music by ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト