La Valse

Composer's arrangement for 2 pianos

サムネイル

再生

Be the first to add a recording or video.

レヴュー

La Valse Composer's arrangement for 2 pianos Rating: 5.00 out of 5 based on 3 reviews.
Click to rate

La Valse について

管弦楽のための舞踏詩『ラ・ヴァルス』(仏: La Valse, Poème choréographique pour orchestre )は、モーリス・ラヴェルが1919年12月から1920年3月にかけて作曲した管弦楽曲、もしくは作曲者自身によるピアノ2台用やピアノ独奏用の編曲作品。タイトルの「ラ・ヴァルス」とは、フランス語でワルツのことであり、19世紀末のウィンナ・ワルツへの礼賛として着想された。ラヴェルの親友であったピアニスト、ミシア・セール(Misia Sert、1872年 - 1950年)に献呈されている。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。 それはWikipediaの記事『ラ・ヴァルス』から材料を使用しています。

Other arrangements

Free sheet music on other sites

Buy printed editions

We have selected some printed editions we think may be useful.

More music by モーリス・ラヴェル

Other users also liked